夢に向かって

幸福の科学の合宿に参加するのが初めてで、同級生がこんなにたくさんいるのにびっくりしました。3日間仲良くしてくれて、嬉しかった。将来は、いろんな人を幸せにできるようになりたい。そのためにいろんなことを勉強して、もっと真理を勉強していきたい。

新たな人生を踏み出したい。いろんなことから逃げてきて、サクセスNo.1で勉強していた。自分のために頑張っていたが、ある講師から、「自分のためでもいいから、努力することは素晴らしいことではないか」と言ってもらえた。合宿を通して、心の中では「主のために何かしたい」と思っていたのではないかと気づいた。

受験生合宿で得たものはたくさんあったのですが、一つにまとめると「法友」ができたことです。将来は先生になりたいので、正しいことを学んで、先生になろうと思います。

受験生合宿に行って、自分の夢が定まりました。科学者になって自分の発明で世界中で困っている人々を助けるということです。それ以外にも学んだことは、法友と助け合っていくということです。

楽しかった。たくさんの人々に支えられていると思いました。たくさんの人に出会えて幸せだなと思いました。みんな私が持っていない、いい所があって、すごいです。将来は自分の長所を生かす仕事に就けるよう、頑張りたいです。

今までずっと、自分の夢から逃げていた。チューター面談で、自分はこの夢を追いかけていいのだと思った。夢に向かって努力したい。

この受験生合宿に参加して、春合宿で会った友達ともっと仲良くなったこと、勉強をやるようになったことが良かったことです。社会の「特別授業」を受けて、「日本ってすごいなあ。将来、政治の仕事をしたいなあ」と思いました。

受験生合宿に来て良かったことは、自分の夢をかなえるために何をするか分かったことです。それと、10人以上法友ができたのが嬉しかった。講師や法友に感謝です。

ここに参加しているみんなは、挨拶もしてくれて、優しくて、法友もいっぱいできて良かったなと思った。昔から人を助ける仕事をしたいと思っていましたが、社会の「特別授業」を受けて、「やっぱり人を助ける人になりたい」と思いました。

当たり前に、サクセスNo.1に通えている幸せを感じた。親が幸福の科学を知ってくれていたおかげで通えている。幸福の科学やサクセスNo.1を知らない人がたくさんいるので、僕は絶対に、この世的に成功して、幸福の科学を広めていきたい。